地デジアンテナにも色々ある

地デジライフを安心かつ快適に楽しむためには、アンテナの設置が必要になります。アンテナ設置工事を依頼する前に、地デジアンテナの種類を理解しておくことが大切です。地デジアンテナの種類は、基本的に2種類に分けられます。

アンテナの種類

アンテナ

八木式アンテナの特徴

1つ目は、八木式アンテナと呼ばれるアンテナです。八木式アンテナは、最もオーソドックスなアンテナで、多くの住宅やオフィスで使用されています。アナログ放送の時代から一般的に使用されているので、広く普及しています。また、ほとんどの八木式アンテナが屋根上に設置されています。雪や台風などの自然災害で損傷してしまう可能性がありますが、放送電波をしっかり受信することが可能なので機能性に優れていると言えます。

デザイン性に優れたアンテナ

2つ目は、デザインアンテナと呼ばれるアンテナです。デザインアンテナで注意しなければならない点は、電波の受信能力の問題です。八木式アンテナのように、屋根上の設置には適していないので、屋内や住宅の外壁などに取り付けられます。当然、屋根上に比べると、屋内や住宅の外壁といった設置場所は電波受信能力が劣ってしまいます。しかし、デザイン性に優れているので、建物の外観を損ねません。最近では、住宅のインテリアとしても活用されるデザインアンテナもあります。このように、地デジアンテナにも種類がありますので自分に合ったアンテナを選びましょう。

広告募集中